実際に暮らすことを想定してつくられた住宅展示場
お問い合わせ ・ 資料請求

注文住宅をお考えの方必見!快適に過ごせるリビングの広さについてご紹介します!

  住宅の設計・環境

近年、注文住宅では広いリビングの人気が高まっています。家族が集い、多くの時間を過ごすリビングは住まいの中心となりますが、限られた床面積の中でどれだけのスペースを確保すれば良いのか迷ってしまう方もいらっしゃるかもしれません。この記事ではリビングの広さについてご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

注文住宅でのリビングの平均的な広さと広さを決めるポイントとは

4人家族の場合、リビングの平均的な広さは16畳から20畳といわれています。リビングが16畳から20畳程度であれば、キッチンスペースを除いたリビングやダイニングスペースでも、一定の広さを確保できます。また、家具をリビングやダイニングスペースに配置しても、快適な動線を保てます。家を建てるとき、リビングルームは必ずしも平均的な広さを確保する必要はありません。自分たちに合ったリビングの広さを決めるポイントについて詳しくご紹介します。

家族の人数

まず、家族の人数について考えるようにしましょう。現在、家族の人数が2人から3人であっても、将来、家族の人数が増えるかどうかを考慮してください。家族の人数は、家具のサイズにも影響するため、リビングの広さを検討する際の基本的なガイドラインとなります。

家具や家電のサイズ

家族の人数を考えた後には、リビングに置きたい家具や家電のサイズを考えましょう。リビングルームに置かれる家具や家電のうち、ダイニングテーブルやソファ、テレビが大きな割合を占めています。代表的なダイニングテーブルのサイズの目安についてご紹介します。

1人が食べるのに必要なスペースは、幅60センチメートルから70センチメートル、奥行き40センチメートル程度が目安です。椅子に座るには後ろに80センチメートル程のスペースが必要になります。また、テーブルや椅子を置いた場所から壁から60センチメートル離すと、人が通りやすい動線となります。4人家族の場合は、幅120センチメートル、奥行き80センチメートル以上のものを選ぶと良いでしょう。

モデルハウスPR
宇都宮アイフルホーム
リアルサイズ住宅展示場小山市犬塚2期
おうち時間を充実させるための快適なカタチが完成しました。新しい生活様式を家づくりに取り入れ、ウイルス感染対策はもちろん、・・・
このモデルハウスを見る

リビングを広くするメリットとは

窓が大きくなり、部屋が明るくなる

1つ目は、窓が大きくなり、部屋が明るくなることです。広いリビングのメリットとして、窓が大きく、部屋が明るくなりやすいことが挙げられます。リビングが広い場合は、開閉できる大きな窓を設置しやすいことから、採光を取り入れやすく、自然と部屋が明るくなります。大きな窓には、部屋を広く見せる視覚効果もあります。狭いリビングでも、開放感のある住まいになるでしょう。

ゲストを招きやすい

広いリビングは、ゲストを招待したり、大きなグループを集めたりするのに役立ちます。ゲストを招く機会が多い場合は、広いリビングルームが使いやすいでしょう。招待客とリラックスして楽しめるので、おもてなしにも最適といえます。

生活動線がスムーズになる

リビングが広ければ、生活動線がスムーズになり、空間の快適性が高まります。生活動線とは、生活の中心となるリビングとキッチンやトイレ、洗面所などのよく使う場所をつなぐ線のことをいいます。複雑な生活動線ではなく間取りが効率的であれば、家事もスムーズに進み、家族間のコミュニケーションもスムーズになるといわれています。リビングが広いと通路が広く、どの部屋に行くにもスムーズに移動でき、快適な生活動線を実現しやすくなります。

ライフスタイルの変化に対応しやすい

リビングが広いと、将来のライフスタイルの変化にも対応しやすくなります。テーブルやソファなどの大型家具も含め、移動や模様替えも楽にできるでしょう。また、可動間仕切り扉を事前に設置しておけば、広いリビングが不要になった時や来客時に部屋が作れるといったように柔軟に対応できます。

CHECKこの記事では、注文住宅でのリビングの広さを決めるポイントやリビングを広くするメリットについて解説しました。リビングの広さは、家族の人数や置きたい家具、家電によって異なりますが、生活動線がスムーズになるように意識しましょう。注文住宅のリビングの広さについてお悩みの際はお気軽にご相談ください。