実際に暮らすことを想定して作られた住宅展示場
お問い合わせ ・ 資料請求

新築とリフォームどっちがいい?費用の比較やどちらが向いているかなどを解説

  住宅の設計・環境

「新築を建てるのとリフォームのどっちが良いのだろう」「注文住宅とリフォームの違いはなんだろう」このような疑問をお持ちの方はいらっしゃいませんか。

今回は、新築が向いているケースとリフォームが向いているケースについて解説します。また、それぞれの費用の違いについてもご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

新築が向いているケースとリフォームが向いているケースについて

暮らしの環境を変えたいという場合に、新築の住宅を建てるかリフォームをするかで迷う方は多いのではないでしょうか。どちらも大きな出費が伴いますし、やり直しはなかなかできません。そのため、後悔のない選択をしたいですよね。後悔のない選択をするためには、しっかりと判断基準を持っておくことが大切です。そこでまずは、新築が向いている場合とリフォームが向いている場合についてご紹介します。

新築に向いている場合

既存の家の外観や間取りを変えたいと考えている場合

間取りや外観の大幅な変更を伴うリフォームには費用が多くかかります。また、耐震などを考慮すると、必ずしもリフォームによって間取りを変えられるわけではありません。そのため、この場合は新築を購入することをおすすめします。新築の場合、間取りや外観などを一から決められます。理想にピッタリな住まいが実現できますね。

予算がある場合

リフォームか新築かを決断する際の大きな決め手となるのはコスト面でしょう。本当は新築を購入したいが、予算が足りないためにリフォームを選ばざるを得ないケースも多いです。新築を新たに購入する予算があるのであれば、注文住宅を検討してみてはいかがでしょうか。

リフォームが向いている場合

リフォームの予算が新築の7割以下に抑えられる場合

これは、新築かリフォームかを決断する際の1つの目安として重要です。予算が7割を上回る場合は、思い切って新築を購入する方が良い場合が多いですが、下回るのであればリフォームを検討しても良いでしょう。

土地が見つからない場合や住みたい土地に家を建てられない場合

新築を購入する場合、土地探しから始めることに加え、住み慣れた土地を離れて新しい暮らしを始める必要があります。今以上に良い土地が見つからない場合や、住みたい土地に家を建てられない場合は、リフォームで既存空間をより良くしてみることをおすすめします。

注文住宅とリフォームの費用について

ここまで、それぞれに向いているケースについてご紹介しました。少しでも違いが明確になれば幸いです。続いては、注文住宅とリフォームの費用について解説します。費用は一番気になるポイントではないでしょうか。上記でご紹介したそれぞれのケースに加えて、費用についても確認した上で最適な選択をしましょう。

CHECK目安としては、注文住宅の値段は1000~4000万円、リフォームの値段は700~3000万円が相場です。

上記は全面リフォームの場合ですので、一部だけの場合は上記の費用より抑えられます。再度繰り返しますが、リフォーム費用が新築の7割を上回る場合は新築を検討するという判断基準は覚えておきましょう。注文住宅に向いているケースとリフォームに向いているケースを比較するだけでは不十分な可能性があります。

なぜなら、どんなに新築に向く場合であっても、予算が合わなければ新築を建てられないからです。そのため、まずは予算を明確にし、どれだけの費用を住宅にかけられるのかを確認した上で、検討すると良いでしょう。

まとめ

今回は、新築住宅とリフォームのどっちが良いのかという疑問にお答えしました。それぞれに向いている場合と費用について、理解が深まったのではないでしょうか。今回の情報を活用し、最も良い選択をしてくださいね。