実際に暮らすことを想定して作られた住宅展示場
お問い合わせ ・ 資料請求

玄関が使いづらい!間取りに失敗した方はリフォームで収納を設けてみては?

  住宅の機能・環境

「玄関が使いづらい。。」「玄関に物を置くスペースが少ない」「玄関の間取りを失敗した」などとお困りの方で玄関の改修を考えている方は多いでしょう。最近では玄関は靴を収納するだけでなく、アウトドア用品を置いたり、観葉植物を置いたりと広い面積を求められるようになりました。

そのような中で、玄関の収納スペースが足りずゴチャゴチャしている場合などがあるでしょう。そこで今回は玄関収納の種類とリフォーム費用についてご紹介します。

玄関リフォームの種類を確認しよう

玄関リフォームには様々な種類があります。そこで代表的なものをここで確認しておきましょう。

ドアや引き戸の交換

玄関は住む人だけでなく、来客の際に目に入る家の顔です。そんな家の顔である玄関ドアをリフォームすると、家の印象を大きく変えるでしょう。また、最近の玄関ドアはデザインだけでなく、機能も豊富です。

ドアを閉めていても風を通すことのできる採風窓や、熱を逃がさない高断熱のドア、防犯機能に優れたオートロックや、ボタン一つで解錠できるキーレスエントリーなどがあります。機能面を拡張することで、より快適な生活が送れます。自分の希望に合わせて柔軟に玄関ドアをカスタマイズしましょう。

収納スペースを設ける

次に収納スペースを設けるといったものです。「アウトドア用品を入れる棚が欲しい」「コートを室内に持ち込みたくない」といったように玄関に収納スペースを拡張したい場合があるでしょう。その際にオーダーで収納棚を設置することがあります。

据え置きタイプや床につかないような壁に設置するタイプなどの大枠のデザインから、扉や取っ手などの細かいデザインに至るまでオーダーする方もいらっしゃいます。この他にも玄関リフォームの種類はあります。害虫対策や換気を検討される方は網戸の設置を考える方は多いでしょう。また、子供や高齢者のために簡単に玄関が開けられるよう、ドアを引き戸にするケースもあります。

玄関収納の種類と相場を確認しよう

玄関リフォームにはドアや収納など、様々な種類がありました。その中でも、収納について今回は詳しく見ていきましょう。まず、玄関収納は様々なタイプに分けられます。

カウンタータイプ

その名の通り、カウンターのような形をした玄関収納で、床から腰くらいまでの高さに戸棚があるものです。棚の上に物が置くことができるので、花瓶や写真を飾ったりできるでしょう。収納量は比較的少なく、リフォーム費用は約5~10万円となっています。

壁面収納タイプ

これは天井から床までの一面に収納を設置するタイプです。収納量は多く、大家族や物を置く収納したい場合に適していると言えるでしょう。その高さによる圧迫感を含め、検討することをおすすめします。新設する場合は約12~40万円の工事費がかかります。

フロートタイプ

このタイプは前項で紹介したように、天井から床付近まで収納でき、床から少し浮いているようなものとなっています。床から少し浮いているため、圧迫感を少し解消でき、その隙間に間接照明や観葉植物を置くことでおしゃれな空間を演出できるでしょう。金額は壁面収納と同じで12~40万円程度かかります。

これらのタイプの他に、カウンターと吊戸棚がセットになったものや土間収納があります。前者は20万円前後で、後者は30~50万円程度の施工費用がかかると考えられます。上記示した値段は広さやデザインによって大きく変わるので注しておきましょう。


まとめ

玄関リフォームはドアや収納など様々な種類があります。機能性やデザインなどを踏まえて必要なものを考えましょう。収納に関しても様々なタイプがあるので、しっかりと特徴と相場を押さえた上でご検討ください。