実際に暮らすことを想定して作られた住宅展示場
お問い合わせ ・ 資料請求

住宅のオプション選びで失敗しないために!おすすめ機能や失敗談などをご紹介

更新 2020.12.26   住宅の設計・環境

新築の建売住宅や注文住宅を購入する際、どのようなオプションを取り入れるか、またどのようなオプション付きの住宅を購入すべきかを悩んでいる方は多いのではないでしょうか。そこで今回は、オススメの住宅のオプションをご紹介します。新築住宅の購入をお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。

住宅におけるオプションとは?

そもそも、オプションとはどういったものを指すのかご存知でしょうか。オプションとは、標準仕様のもの以外の設備のことです。この標準仕様は、ハウスメーカーなどによって決められた、その住宅の基本的な仕様のことを指します。

住まいにおいて必要不可欠な柱や壁、窓、フローリング、キッチン、トイレなどを1つにまとめたもので、建物の本体価格や坪単価はそれらの標準仕様をもとに算出されます。

標準仕様の他に、設備を追加したり、既存のものよりもグレードを上げたりした場合は、追加で費用が発生するでしょう。追加でいくらくらいのオプション料がかかるのか気になっている方も多いのではないでしょうか。

しかし、オプションにかかる費用はそれぞれの会社によって異なるため、一概にいくらとは言えません。また、どのような種類のものがあるのかも異なります。そのため、気になるオプションがある場合は、一度相談してみることをオススメします。

オススメの住宅オプションをご紹介!

次に、オススメのオプションをご紹介します。住宅のオプションにはたくさんの種類がありますが、今回はその中から3つをご紹介します。

太陽光発電を取り入れる

近年、太陽光発電を取り入れる家庭が増加しています。太陽光発電システムを取り入れる目的として、電気代を安く抑えることや太陽光発電を利用して収入を得ることが挙げられます。一般的に太陽光発電は設置費用が高いイメージを持たれていますが、設置するのにかかる初期費用は、おおよそ7年から10年で回収できるでしょう。

万が一、売電しなかったとしても、電気代がかからないと考えればお得ではないでしょうか。 長期間使えば使うほどお得になるため、設置をするなら新築時がオススメです。

オール電化にする

みなさんも一度は、この「オール電化」という名前を聞いたことがあるのではないでしょうか。オール電化とは、文字通り全てのエネルギー源を電気でまかなうことです。こちらのメリットは、CO2が排出されないため地球に優しく、ガスに比べて安心で、深夜電力が安いことです。

I Hコンロを採用する

I Hコンロも人気の設備の1つです。ガスよりも火災が発生するリスクが低いため、お子様や高齢者の方でも安心して料理ができます。また、掃除のしやすさも魅力的ですね。しかし、料理をする際はI Hコンロに対応しているものしか使用できないため、注意が必要です。

住宅設備に関する失敗談を紹介!

せっかく取り入れた設備でも、実際に暮らしてみると「必要なかったかも」と思うことも少なくありません。そのような失敗をしないように、実際に設備に関する失敗例を見ていきましょう。

床暖房に関する失敗

リビングの1部分を床暖房にしたものの、実際に家具を配置してみると、どうしてもその位置に家具を置くことになり、結局床暖房が無駄になってしまった例があります。床暖房を設置する際は、住まいの中のどこの部分に取り入れるかを十分に検討しましょう。

床下収納に関する失敗

床下収納を取り入れる際、深さのある大きな収納を作ってしまい、物を出し入れするのが不便になってしまった例があります。床下収納だけに限らず、何か設備を取り入れる際は実際に使っているところをイメージすることが大切です。


まとめ

今回は、新築住宅や注文住宅の購入をお考えの方に向けて、オススメのオプションをご紹介しました。気になるオプションは見つかったでしょうか。どんな設備やオプションを取り入れるかを考える際は、それを取り入れることによるメリットやデメリットをイメージすることが大切です。今回の記事が、何か少しでも参考になれば幸いです。