実際に暮らすことを想定して作られた住宅展示場
お問い合わせ ・ 資料請求

断熱性と気密性が高いとどんなメリットがある?断熱性能を上げる方法など

  住宅の設計・環境

「高気密・高断熱という言葉をよく聞くけど、どんなメリットがあるのだろう」「断熱性能を上げるにはどうしたら良いのだろう」新築の家ををお考えでこのような疑問をお持ちの方はいらっしゃいませんか。そこで今回は、高気密・高断熱のメリット、断熱性能を上げる方法などをご紹介します。

高気密・高断熱のメリットとは?

高気密・高断熱のメリットは以下の通りです。

  • 夏は涼しく冬は暖かい家になる
  • 光熱費を抑えられる
  • ヒートショックを防げる
  • 結露を防げる
  • 湿度のコントロールができる
  • 花粉などの侵入を防げる
  • 防音性が上がる

最も大きなメリットは「夏は涼しく、冬は暖かい家になること」でしょう。高気密・高断熱の家は外の暑さや寒さの影響を受けにくく、かつ室内の空気が逃げにくくなります。これは冷暖房費の節約や省エネにも繋がります。

場合によっては、1、2台のエアコンだけで家全体の温度管理ができるでしょう。さらに、家全体の温度差が小さくなるため、ヒートショックを防げたり、湿度管理がしやすくなったりもします。

断熱性能を簡単に上げる方法は?

「断熱性能を上げるためには、断熱材を良いものにすればいいはず」このようにお考えの方は少なくないでしょう。断熱性能の向上と聞くと、家の壁に仕込まれている断熱材を良いものにすることを思い浮かべると思います。確かに、断熱材を良いものにすれば、家の断熱性能は上がりますが、実は断熱材以外にも注目したいポイントがあります。

それは家の「窓」です。窓の性能次第では、外から入ってくる熱や中から逃げる熱を大きく変えられます。実際、窓の性能にこだわるだけで、3倍程度性能に差がつくと言われています。

窓を選ぶ際に注目すると良いポイントは、サッシに使われている素材とガラスの性能です。木製サッシや樹脂サッシは、熱を通しにくい木や樹脂でできていることから、断熱性能アップに繋がります。また、寒い地域や断熱性能を高めたい場合には、トリプルガラスやアルゴンガス入りのガラスが使われることが多いです。

このように、家の断熱性能を考える際には、断熱材以外に、窓の性能にも注目すると良いでしょう。

高気密・高断熱の住宅で押さえておきたいポイントをご紹介!

ここからは、高気密・高断熱の住宅にする上で、押さえておきたいポイントを2つご紹介します。

換気が重要

高気密・高断熱の住宅では、室内にハウスダストや化学物質が溜まりやすいので、十分な換気をすることが重要です。2003年以降に建てられた住宅では、建築基準法で24時間換気システムの設置が義務付けられています。

しかし、24時間換気システムに頼るだけでなく、窓を時々開けて換気することも大変有効なので、意識して行ってみてください。

石油ストーブを使う場合は特に注意

冬場の暖房器具として、石油ストーブをお使いの方もいらっしゃるでしょう。石油ストーブは、水分とともに二酸化炭素や有毒な燃焼ガスを発生させるため、どんな住宅においても1時間に一回程度、換気が必要とされています。

また高気密・高断熱の住宅では、外気が入りにくいことからストーブの燃焼に必要な酸素が不足して不完全燃焼を起こし、一酸化炭素中毒を引き起こす可能性が高くなります。そのため、石油ストーブを使う際は換気を意識的に行うようにしましょう。

まとめ

今回の記事では、新しいお家をお考えの方に向けて、高気密・高断熱のメリット、断熱性能を上げる方法についてご紹介しました。住宅の断熱性能を上げるには、断熱材にこだわるだけでなく、窓の性能を上げることも重要なポイントです。